【派遣必見】時給200円アップの可能性と交渉術を解説!

この記事では、派遣の時給を200円アップさせるための手段や方法、交渉のタイミングやコツを詳しく解説します。また、時給アップの可能性やその影響についても触れています。収入アップを目指す方は、ぜひ最後までお読みください。

  1. 派遣の時給アップの可能性とその条件
  2. 時給アップを実現するための具体的な手段
  3. 時給アップの影響と注意点
  4. 時給アップが難しい場合は別の仕事を探す方法もある

派遣の時給アップの可能性とその条件

派遣社員の時給アップは可能ですが、その条件は派遣法に基づく時給の決定要素、派遣先企業と派遣会社の契約、業界や職種による時給の違いなどが考慮されます。以下の順に、解説します。

  • 派遣法に基づく時給の決定要素
  • 派遣先企業と派遣会社の契約による影響
  • 業界や職種による時給の違い

派遣法に基づく時給の決定要素

派遣社員の時給は「同一労働同一賃金」の原則に基づき、派遣先企業の正社員と同等の待遇を基準に設定されるよう法律で定められています。これは、派遣社員が正社員と同様の仕事をしているにも関わらず、不利な待遇を受けることを防ぐためのものです。ただし時給の設定にはスキルや経験、市場の需要などが関係しています。そのため、派遣社員が自身の時給を上げたいと考えている場合には、自身のスキルや経験、業績などをアピールし、派遣会社に対する評価を上げることが重要となります。

参考:同一労働同一賃金特集ページ|厚生労働省

派遣先企業と派遣会社の契約による影響

一般的に、派遣先企業が派遣会社に支払う料金の一部が、派遣社員の給料となります。したがって、派遣会社と派遣先の契約金額が高いほど、派遣社員の時給も高くなる可能性があります。また、派遣社員からの時給の交渉は派遣会社におこないますが、その後の契約金額や派遣社員の時給交渉は、派遣会社から派遣先におこなうものです。そのため、派遣会社と派遣先の関係性によっても、交渉の成功率が左右される可能性もゼロではありません。

業界や職種による時給の違い

業界や職種によっても、派遣社員の時給は大きく変わります。例えば、IT業界や金融業界では、専門的なスキルや知識が求められるため、時給が高く設定されることが一般的です。一方、製造業、物流業などでは、スキルや経験がなくても始められる仕事が多い傾向にあるため、時給は専門職と比べると低く設定される場合があります。また、職種によっても、専門性や責任の度合いにより時給が変わります。例えば、IT関係のエンジニアや専門知識が必要な職種は時給が高い傾向にありますが、一般事務などは専門職と比べると低く設定されることが一般的です。したがって、時給を上げるためには、自身のスキルや経験を活かせる業界や職種を選ぶことが有効です。

時給アップを実現するための具体的な手段

時給アップを実現するための具体的な手段には、スキルアップや資格取得、派遣会社への交渉、派遣先企業への正社員転換などがあります。以下の順に、解説します。

  • スキルアップや資格取得による時給アップ
  • 派遣会社への交渉による時給アップ
  • 派遣先企業への正社員転換による収入アップ

スキルアップや資格取得による時給アップ

スキルアップや資格取得は、派遣社員の時給アップに直結する手段の1つです。これは、自身のスキルや知識を高めることで、より高い時給を設定している仕事に応募できるようになるためです。例えば、英語力を身につければ、英語を必要とする仕事に応募ができ、その結果、時給がアップする可能性があります。また、特定の資格を取得することで、その資格を必要とする仕事への応募も可能です。これらのスキルアップや資格取得は、自身の市場価値を高めることができるため、時給アップが期待できます。

派遣会社への交渉による時給アップ

時給の交渉は派遣先ではなく派遣会社におこないますが、交渉のタイミングは、契約更新時や業務内容の変更時が適しています。具体的なステップとしては、まず自身のスキルや経験、実績を整理し、それに見合った時給を調査します。次に、その時給を根拠に、派遣会社に交渉を申し入れます。この時、自身の価値を具体的に示すことが重要です。

交渉のコツは、自身の価値を具体的に示すことと、自信を持って交渉することです。また、成功させるために、他社の求人情報に記載されている金額を参考に交渉することも有効です。これにより、自身の要求が妥当であることを示すことができます。

派遣先企業への正社員転換による収入アップ

派遣先企業への正社員転換も、収入アップを実現する方法の1つです。例えば、紹介予定派遣として、一定の期間が経過した後に正社員として採用されるケースなどがあります。正社員になることで、派遣社員よりも責任のある仕事を任されることも可能です。責任のある仕事に対する昇給や、賞与の機会がある場合には、収入アップを実現できる可能性が高まります。

時給アップの影響と注意点

時給を200円アップさせることで、生活に余裕が生まれることが期待できる一方で、税金や社会保険料、仕事量の増加といった影響も考えられます。それぞれの影響と注意点について、以下の順に解説します。

  • 時給が200円アップした場合の計算
  • 時給アップによる税金や社会保険料の増加
  • 時給アップによる仕事の負荷増

時給が200円アップした場合の計算

例えば、週5日・1日8時間働く場合、1ヵ月を4週間とすると月の稼働時間は約160時間です。この約160時間に対し、時給が200円アップすると、単純計算で月収は約32,000円増えることになります。これにより、生活に少し余裕が生まれることが期待できます。

時給アップによる税金や社会保険料の増加

一方で、時給がアップすると、所得が増えるため税金や社会保険料が増える可能性があります。所得税は所得に応じて増加し、社会保険料も収入に比例します。手取り額の増加は、税金や社会保険料の増加を差し引いた額となることを理解しておくことも必要です。社会保険料や税金がいくらになるか、シュミレーションができるツールなどを活用するのもおすすめです。

時給アップによる仕事の負荷増

さらに、時給がアップすることにより、これまで以上に価値のある仕事を求められるという場合があるため、仕事の質や量が増えることも考えられます。そのため、時給アップを目指す際は、自身のスキルや体力、時間管理能力を見直し、負荷増に対応できる準備をしておくことも重要です。

時給アップが難しい場合は別の仕事を探す方法もある

時給アップが難しい場合、時給の高い別の仕事を探すことも方法の1つです。そのためには、まず自分のスキルや経験を見つめ直し、それを活かせる仕事が何かを考える自己分析も必要になります。

自己分析ができたら、求人サイトや派遣会社のWebサイトなどで、自分のスキルや経験を活かせる仕事を探します。新たな派遣会社の面接時には、これまでの実績やスキルをアピールすることで、より高い時給を提示してもらえる可能性もゼロではありません。

ただし、時給が高い仕事は競争率も高い傾向にあります。そのため実績だけでなく、資格取得や自分のスキルや経験を高めることも重要です。

まとめ:自身の時給を200円アップしよう

この記事では、派遣社員として働くなかで自身の時給を200円アップさせるための具体的な手段や方法、時給交渉のタイミングやコツを解説しました。また、時給アップの可能性やその影響についても触れています。これらの情報を活用し、自身のスキルや経験を正当に評価され、より良い労働環境を手に入れるための一歩を踏み出してください。日頃の頑張りが、時給アップにつながることを願っています。